みっちーヒストリー(みっちー日記【平成編】)

画面上部にメニュー。スマホの人は上部の≡を押すとメニュー。

KITTE/ラーメン激戦区 東京・丸の内「博多屋台ラーメン 一幸舎」に行ってきた! 2019-04-17

この記事をシェアする

おはようございます。みっちーです。

今回は、久々のラーメンリポートとなります。

 

今日もよろしく!!!

 

 

ラーメン激戦区に行ってきた

 

3月に東京・丸の内、KITTEの地下一階に、「ラーメン激戦区」がオープンした。なまえが「そのまんまじゃん!(笑)」と思うのだが、逆にいいネーミングかも。

 

ここは、ラーメン好きなら誰でも行ってみたいと思う人気店が5つも並んでいる。

 

こちらがそのラインナップ。

f:id:motoshidaa:20190418105743j:image

5つもあるんだね。 味噌ラーメンでおなじみの「ど・みそ」はよく行くので、今日はその他のお店を選ぶことにした。

 

f:id:motoshidaa:20190418105818j:image

一番人気は「松戸富田麺絆」でかなり並んでいる。ここは松戸にあるラーメン界の王者「中華蕎麦 とみ田」の都内初の直営店。

 

やっぱり食べたい人が多いんだね。わたしはつけ麺がそれほど好きではないので、また今度にした。

 

そして、今回選んだお店はこちら。

f:id:motoshidaa:20190418105916j:image

「博多屋台ラーメン 一幸舎」だ。初めて入るお店だが、有名店らしい。けっこう人も入っている。

 

f:id:motoshidaa:20190418110047j:image
こってりではないというのが売りかな。「昭和の屋台を思わせる、昔懐かしい博多の味」というのが惹かれるね。

 

f:id:motoshidaa:20190418110224j:image

おなかが空いてたので、めずらしく餃子を注文した。これもけっこううまい。

 

そして待つこと数分。


f:id:motoshidaa:20190418110228j:image

味玉豚骨ラーメン!!! 麺のかたさはふつうにした。

 

先入観があるからかもしれないが、昭和って感じだ。なんか、おいしそう!


f:id:motoshidaa:20190418110215j:image

まずはスープ。そんなに濃い味ではないが、たしかな豚骨の風味が感じられる。たしかにこれは毎日食べても飽きない味だ。 


f:id:motoshidaa:20190418110201j:image

次に麺。細麺でまっすぐ感が強い。口に入れた感触がとてもよい。今回はふつうのかたさにしたが、かためでもいいかも!


f:id:motoshidaa:20190418110220j:image

チャーシューはうすくて、食べやすい。このラーメンには過度な主張のない、このぐらいのチャーシューがよいと思った。


f:id:motoshidaa:20190418110205j:image

つぎは味玉。見た目はへんてつのないたまごだ。


f:id:motoshidaa:20190418110208j:image

ところが、中身はトロッとしていてすごくおいしい。味がしっかりと染み込んでいる。

 

スープや麺、そして味玉がそれぞれおいしくて、とても満足度が高いラーメンだった。これはまた来たいところだなぁ。

 

ところで・・・
f:id:motoshidaa:20190418110212j:image

こちらは替え玉の説明。私の前にいた人が替え玉を何回も注文していたが、「博多といえば替え玉」らしい。

 

私の世代では「かえだま」という響きは「替え玉受験」を連想するんだけど、きっと今の人は「ラーメンの替え玉」を連想するんだろうな。

 

 

最後に

 

というわけで、ラーメン激戦区に行ってきた。今回は「博多屋台ラーメン 一幸舎」に行ってきたが、とても満足度が高かった。

 

次回は外のラーメン屋さんもチャレンジしてみようと思う。

 

今回ご紹介したラーメン屋さんの場所はこちらです。