みっちーヒストリー(みっちー日記【平成編】)

画面上部にメニュー。スマホの人は上部の≡を押すとメニュー。

「グレイズ・アナトミー」シーズン5の感想 2019-04-16

この記事をシェアする

おはようございます。

みっちーです。

 

本日は、最近見たドラマについて書いていきます!

 

よろしくお願いします。

 

 

私の好きなドラマ「グレイズ・アナトミー」

 

海外で人気のドラマといえば、最近月9で放映されたことで話題になった「SUITS」とか、最終章が放映されて話題の「ゲーム・オブ・スローンズ」かな。

 

たくさんの人気ドラマがあると思うが、私が好きなのは「グレイズ・アナトミー」だ。

abc.go.com

 

2,005年に放送が始まって、いまなお、そのドラマは続いている。現在はシーズン15を放映しているとのことで、10年以上にわたっている。もはや長寿番組だ。

 

私はHuluでこのドラマを視聴していて、やっとシーズン5まで見終わった。

 

なにしろこのドラマはおもしろい。シアトルの病院で働く外科医たちの苦悩や人間関係が描かれていく。それは見ていて飽きない。

 

次から次へと話が展開していくのだ。

 

登場人物はけっこうたくさんいるが、まずはこの2人。

主人公のメレディス・グレイとその恋人であり上司のデレク・シェパード。

 

そしてメレディスの同期の4人。

イザベル(イジー)・スティーブンス、ジョージ・オマリー、アレックス・カレフ、クリスティーナ・ヤン。

 

その他にも優秀な医師として、

カリオペ(カリー)・トーレス、マーク・スローン、オーウェン・ハント。

 

部長のリチャード・ウェーバーやメレディスたちを指導したミランダ・ベイリーなど、個性豊かな出演者となっている。

 

こんなに人が多いので、いろんな人間模様が描かれる。そのうえ、病院なのでさまざまな患者さんのドラマがあって、本当に見どころが多い。

 

病院を舞台としたドラマが数多くあるのは、いろんな筋書きを描くことができるからだろう。

 

だけど、「グレイズ・アナトミー」はその中でもトップレベルにおもしろいといえる。

 

 

「グレイズ・アナトミー」シーズン5の感想(ネタバレあり)

 

さて、やっとシーズン5を見終わったわけだが、このシーズンもかなりのドラマがあった。

 

終盤は毎回泣いていた。

 

メレディスとデレクの関係、カレフとイジー、クリスティーナとオーウェン、マーク・スローンとメレディスの妹レクシーなどのそれぞれの恋模様。

 

冷静に考えれば、ひとつの職場でこんなに恋愛関係が成り立っているのは異常といえば異常だが、そこがおもしろいのかもしれない。

 

デレクが医師としての自信を失い、自暴自棄になってしまうところ、

 

カリーがレズビアンに目覚めて、ビクビクしながら恋をするところ、

 

オーウェンには戦場にいた頃のトラウマが残っているところ、

 

このシーズンにはかなりのみどころがある。

 

最大の見所は、イジーの病気が見つかってしまうところだろう。毎回泣けるシーンがたくさんあった。

 

そして、シーズン5の最終話ではあんなことになり、びっくりした。

 

本当に、視聴者をドキドキさせたりジーンとさせたりするドラマだった。シーズン6も楽しみだ。

 

引き続き視聴していこうと思う。

 

 

最後に

 

海外ドラマには、数多くのおもしろいものがあるが、「グレイズ・アナトミー」み見るべきドラマとして外せない。

 

まだ見てない人がいたら、ぜひ見てほしいドラマだ。

 

日本では、WOWOWやHuluで視聴することができる。