みっちーヒストリー(みっちー日記【平成編】)

画面上部にメニュー。スマホの人は上部の≡を押すとメニュー。

イチロー選手の記者会見で熱くなった 2019-03-21

この記事をシェアする

おはようございます!

みっちーです。

本日もよろしくお願いしますm(_ _)m

 

では、さっそく昨日の日記です。

 

 

イチロー選手の記者会見

 

昨日のニュースで衝撃を受けたものと言ったらもちろんイチローの引退だろう。

 

最低50歳まで現役を続けると言っていたイチロー選手、今期の復帰はみんな喜んでいたはずだ。

 

日本で9年、アメリカで19年プレーしたそうだが、そんなにアメリカでのプレーが長かったんだね。

 

昨夜は緊急記者会見があり、私もチラッと見ていた。

https://www.buzzfeed.com/jp/keiyoshikawa/ichiro

(記者会見の全文はこちらにあります)

 

記者たちのなかでも明らかにくだらない質問もあり、見ていて「だいじょぶかよ」と思ったりもしたが、イチロー選手はうまく応えていた。さすがだなぁ。

 

ひとつひとつの質問の答えに重みがあり、見ているほうもすごく熱くなった。

 

いくつか印象に残ったことばがあったが、その中の2つを引用。

人より頑張ることなんてとてもできないんですよね。あくまでも、はかりは自分のなかにある。それで自分なりにはかりを使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと超えていくということを繰り返していく。そうすると、いつの日か「こんな自分になっているんだ」という状態になって。だから、少しずつの積み重ねが、それでしか自分を超えていけないというふうに思うんですよね。

 

「成功すると思うからやってみたい。それができないと思うから行かない」という判断基準では、後悔を生むだろうなというふうに思う。やりたいならやってみればいい。「できる」と思うから挑戦するのではなく、「やりたい」と思えば挑戦すれば良い。その時に、どんな結果が出ようとも、後悔はないと思うんですよね。

 

なにかを成し遂げようとするときに他人と比較してはいけない。あくまでも自分との勝負ということだ。

 

「自分の限界を見ながら、ちょっと超えていくということを繰り返していく」

これが成長の鍵だ!

 

また挑戦するのには、可能か不可能かではなく「やりたい」という思いが大切だということをイチロー選手は語っている。

 

挑戦する時には自分の思いを大切にしていきたい。

 

 

さいごに

 

イチロー選手、おつかれさまでした。

 

私は全然野球を見ない人でしたが、それでもイチロー選手の活躍からは夢を見させてもらいました。

 

今後は草野球を極めるとのことですが、となるとこれからもどう生きていくのか気になるところですね。