読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっちー日記3 40代の楽しい生き方

目標は誰よりも楽しく生きること!

2016-05-05 自分を変えるに何をすればいいのか、グーグルで検索したが・・・(№295)

 最近私の中で流行っているのが、「いつもとちがうことをしてみる」ということです。

 

それは自分の中で「変わりたい」という気持ち、「平凡な毎日から脱却しよう」という気持ちがあるからです。

 

それで自分を変えるためにはどうすればいいんだ???と思い、ググッてみました。

 

f:id:motoshidaa:20160506111422j:plain

すごくたくさんありますねぇ・・・(^_^;)

 

一応上位にあったものからざっと読んでみたんですけど、いろいろありすぎてどうしていいかわかりませんでした。

 

まいったなぁ。

 

それでも何かパターンがあるかもしれないと思って、もう一度見なおしてみることにしました。

 

そうしたら、多くの人が触れている共通項みたいなものがありました。

 

1 自分を知る、自分がどうなりたいかを知る

2 目標設定をする、行動計画を立てる

3 思考を変える、行動を変える、習慣を変える

 

やっぱり、これか!って感じです。自分を変えるためには王道で行くしかなさそうです。

 

まず、今日は「1 自分を知る、自分がどうなりたいかを知る」から考えてみることにします。

 

おそらく「自分がどうなりたいか」は現状の自分の裏返しです。だから「自分がどうなりたいか」を考えることによって、今の自分がどうなのかを知ることもできます。

 

「自分はどうなりたいか」を列挙してみます。

  • 人に頼りにされたい
  • かっこいい生き方をしたい
  • 教養のある人になりたい
  • もう少し稼げる人間になりたい
  • 芯のある人間になりたい
  • 器の大きい人間になりたい
  • 人望がほしい
  • ・・・。

 

一応、こんなふうに考えてみました。

 

それにしても抽象的すぎますねぇ。これではイメージが湧きにくいです(汗)

 

「なりたい像」がはっきりしていないと、それになれるわけがありません。まずはここからだぁ・・・。

 

私が「人望がほしい」とか「人に頼りにされたい」と思っているのは現状は「人望がない」し、「人に頼りにされていない」からです。

 

また、それは「器の大きい人間になりたい」とか「芯のある人間になりたい」とかの裏返しでもあります。

 

ただ、それって尺度というものがなく、なかなかはかりにくいものです。

 

さて、どうしたものか・・・。

 

ひとつ考えられることとして、器が大きかったり、芯のしっかりした人ってブレない考えを持っています。そして自分の考えをいつでもはっきり言えるものです。

 

ところが私はどうかというと、自分の中に確固たる意見というものを持ってなくて、かつ自分の意見をはっきり人に言いません。

 

というか、私は自分の考えをはっきり言うのがいやな人であり、自分を出すのが苦手な人です。

 

先日も、友人から私のブログが「自分の言葉」で書いていないという指摘を受けました。他人の言葉を引用して、他人の言葉で結論を書いているという意味だと思います。

 

きっと、自分の意見を言って人と衝突するのがいやだという性格がそうさせているんでしょう。

 

結果として自分の殺しているんですね。まず、変えるべきところはそこからです!

 

自分の意見をしっかり持つ、あるいは言う

自分を出す

 

そんな人間に変わりたいということです。

 

具体的な行動計画等はブログを更新したあとに立ててみることにします。

 

 

自分を変えるために何をすればいいか、いろいろありますが、まずは自分がどうなりたいかを考えることが大切だということがわかりました。

 

さて、がんばってみるか!