読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっちー日記3 40代の楽しい生き方

目標は誰よりも楽しく生きること!

2016-04-10 「気にもとめていなかった自分の外見が、人に与える印象に影響を与えている」って知ってた?(№269)

「みっちーって黙っているとこわい」って30代後半になった時に言われ始めました。

 

それまでは、「やさしい」とか「いつもニコニコしてる」と言われることが多かったので、自分がこわい顔をしているなんて本当に気づきませんでした。

 

30代の頃の私は塾の先生をしていました。おそらく、生徒にナメられてはいけないという気持ちが、笑顔になることを控えさせていたのかもしれません。

 

また、年齢を重ねていくと、無表情の顔ってちょっと怖く見えますよね。これも人に指摘されて初めて気がついたことです。

 

本日のブログのタイトル「気にもとめていなかった外見が、人に与える印象に影響を与えている」というのは『ペンタゴン式目標達成の技術 一生へこたれない自分をつくる』に書いてあったことです。

 

私は、黙っている顔が怖いということが、まわりにどういう影響を与えていたか考えたこともありませんでした。


どうやら黙っているときの私は近寄り難かったようです。あまりそんなことは気にしていませんでした。


気をつけなきゃね。

 

さて、前述の『ペンタゴン式目標達成の技術』では、さらに次のように書いてあります。

ちょっとした外見の特徴が影響し、人は第三者に勝手な印象を抱くものです。人が自分を評価するときの視点は、自分のそれとは違うものという意識を徹底的に持つべきです。

 

他人から見た自分と、自分で思っている自分はちがうわけです。それだからこそ、人から何か指摘を受けたら、その指摘を改善するチャンスなのです。

 

私の場合は「黙っている顔が怖い」という指摘のおかげで改善するチャンスをもらいました。


気にも留めてない外見といえば、 「背が高い」ということも自分ではなんでもないことですが、人によってちがう印象をあたえるようです。


私が言われたのは「ちょっとこわい」とか、「モテる」とかです。


前述のように「やさしい」というのが私の印象だと思っていたので、背が高いだけでこわいと言われるとは思いませんでした。


あと「背が高いからモテるでしょ?」などという人がいますが、「それでモテたら苦労しないわ(怒)」って感じです。


こわくないし、モテないし・・・。


人は自分とはちがう評価をするんですね。


でも、自分が気にもとめてないことでそう思われているわけですから注意しなくてはいけませんね。


あ、「モテる」 というのは、注意する必要がないか!「モテない」ように気をつけなきゃ(笑)


そんなわけで、他人は自分とはちがう評価を常にしているわけです。


しかも性格や人柄だけでなく外見だけで判断される場合もあるということです。


それを踏まえたうえで、人間関係をよくする努力をしていきたいものですね!