みっちー日記3 40代の楽しい生き方

目標は誰よりも楽しく生きること!

2016-04-05 知識を生かすことができないのは無知と同じ(№264)

現在読み進めている本はこれ。

ペンタゴン式目標達成の技術 一生へこたれない自分をつくる

ペンタゴン式目標達成の技術 一生へこたれない自分をつくる

 

 

まだ途中ですが、なかなかおもしろいです。内容が呼吸法や瞑想の仕方にまで及んでいて(というかそこからはじまっているんですが)、びっくりしました。

 

読んでいて、印象に残ったことばがこちらです。

あれこれ学んでも、その知識を生かすことができなければ、無知であることと変わらない 

 

ギクッとしますよね。

 

私は今年に入って本をたくさん読むという目標を掲げているわけですが、そんな私にとってこのことばは辛辣です。

 

でもホントにこのことばはその通り。

 

私が学習塾の正社員だった頃、社長に言われて今でもおぼえているのが

「お前は本をよく読んでいるようだけど、何にも役に立ってないな」

ということばです。

 

当時は、「ふざけるなよ」と思ったけど今はその通りだと思います。

 

まあ、現代の教育界だって、似たようなものです。子どもに、社会に出て役に立たないことばかり詰め込んでいますからね。

 

因数分解って必要なの?」とか「国語の文法なんて将来役に立つの?」なんて言われたら、なんて答えればいいんでしょうね。

 

「論理的思考能力を養えるんだよ」とか、「物事を体系づけて考えることができるようになるんだよ」なんて苦しい答えになりますよね。

 

知識は使えなければないのと同じなんだと改めて思います。

 

 

だから、これからどうすればいいかというと、「学んだ知識を使っていく」という方向に持っていきます。

 

もっぱら私の最近の知識の源は読書なのですが、読書をして「これは使える」と思った知識はどんどん使っていかなくちゃ!

 

でなければ、知識を得た時間がもったいないですからね。

 

 

知識を生かすことができないのは無知と同じ!

知識は使ってこそ価値がある!

 

これを心がけていこうと思います。