みっちー日記3 40代独身の楽しい生き方

目標は誰よりも楽しく生きること!

2016-03-31 正論でも相手の自尊心を傷つければノイズになってしまうんだなぁ(№259)

人と話をしていると、大なり小なり悩みを抱えている人が多いです。それでそのほとんどが人間関係についてです。

 

どこに行っても、いつになっても、人間関係って難しいと痛感・・・。

 

そういう私も人間関係では悩んでいましたが、今はほぼ大丈夫。悩みを持たないタイプになりました。

 

詳しくはこちらに書きました。

motoshidaa.hatenadiary.jp

 

ところで人間関係において、やはり相手に投げかけることばが重要であることは言うまでもありません。

 

相手は人間なのですから、言い方に気をつけないと傷つきます。あるいはムカつきます。そして相手がどういうふうに受け取るかは、人によってぜんぜん違うからやっかいです。

 

Aさんに言った冗談がBさんに通じるかわかりません。

Aさんに指摘した言い方をBさんに言ったら激怒する可能性もあります。

 

人それぞれ受け取り方がちがうのです。

 

また、「相手のためになるから言ってあげなければいけない」という考え方があります。それは確かにそうなのかもしれないのですが、それは時と場合によります。言い方も注意しなければいけません。

 

例えば、尊敬している上司に仕事の件について改善するようにアドバイスを受けたらとてもありがたいことです。ところが、後輩から同じアドバイスを受けたら、それは大きなお世話です。

 

「相手のためになるようなことば」でも信頼関係がなければ、言ってもムダなのです。それはただのノイズに過ぎません。聞いていて不快なんですね。

 

また、よく正論を振りかざしてくる人がいます。確かに言っていることはその通りで、言っている本人も「本当のこと言って何が悪い」くらいの気持ちでいます。

 

しかし、本当のことを言うなら言い方やタイミングを気をつけなければなりません。そこを間違えると「お前、何様なんだよー」ってことになります。

 

正論を言っても、相手の自尊心が傷つけば、それはノイズにしかならないのです。

 

だから人と接していて、たとえ自分が正しいと思っても相手に響かないことは多いのです。気をつけないといけませんね。

 

幸いにして、私は話し手より聞き手に回ることが多いので、あまりそういうことにならないのですが、気をつけたいと思います。

 

言う時はズケズケ言ってしまう癖もあるので(汗)


人間関係って難しいですね(๑•́ω•̀๑)・・・