みっちー日記3 40代の楽しい生き方

目標は誰よりも楽しく生きること!

2016-03-08 怒りは判断力をにぶらせる(№237)

最近仕事のあることで怒りがわき上がってしょうがないことがありました。

イライラしたり、悲しくなったり、うれしくなったりといった感情は自然なものなので、あまり抑えることはよくないです。

同様に「怒り」が沸いて来るのは自然なことです。

ただ、怒っている時には冷静な判断ができないということは知っておくべきでしょう。


たとえば

「あいつムカつく(怒)」

と思って、怒りに任せて相手を殴ってしまうときなどは、判断力は0でしょう。


ムカついてるときって、不思議と相手の悪いところばかり探しては、それを自分の正当性の材料にするものです。

それで、怒ってる時にとった行動を後から振り返ると、なんでこんなことやってしまったんだろうと後悔する結果になることがしばしば。

怒ってる時は行動してはダメです。


怒ってる時はまず、深呼吸。
それだけで、ちょっと客観的になれます。

あとは怒りがおさまるのを待つのみで、特に怒りを抑える必殺技なんてありません。

他人に愚痴るという手もありますが、怒ってる時の愚痴は聞いている方もあまり気持ちいいものではありません。

ちょっと笑いを取れるくらいの愚痴を言えるようになるまで、ガマンするべきです。

そしてあとは怒りの原因となっていることを、どうしたらいいのか論理的に考えるのがいいでしょう。


私も、ムカついてムカついて仕方がなかったことがあったのですが、昨日会社の人(怒りの対象とは別の人)と解決方法を探していたら、いい方向に向かっていきました。

怒りの出口が見えた感じです。

危うく怒りの相手に罵声を浴びせるところでしたが、それをしなくてよかったです。
(実際は同じ職場にいないので、メールや電話でやり取りしています)

怒っている時は冷静な判断ができないので、行動には注意したいものです。

怒ってる時はまずは深呼吸を!