読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっちー日記3 40代の楽しい生き方

目標は誰よりも楽しく生きること!

2016-03-04 はあちゅうさん『わたしは、なぜタダで70日間世界一周できたのか?』がすごかった(№233)

はあちゅうさんの本を読むのは3冊めです。本来ならば新刊の『真夜中にシュークリーム』を読むところでしょうが、私はこの本に目がいってしまったのです。

 

はあちゅうさんといえばテレビにも出演する有名なブロガーであり、作家でもある方です。でも、世界一周をした当時は、まだふつうの女子大生でした。

 

その女子大生がスポンサーをつけてタダで世界一周をした記録がこの本です。

 

この本を読み終わってからアマゾンのレビューを見たんだけど、内容がひどすぎ。はっきりいってアマゾンのレビューなんて全然参考にならないなぁと思いました。なぜレビューであんなに悪く書けるのか神経を疑ってしまうくらいです。

 

たとえばこれ、はあちゅうさんの本がオススメだはないとのことなんだけど・・・

どうしてもお勧めできない理由は結局いくら資金が集まったのか書かれていません。

どうしてもお勧めできない理由がそれかい!!!って感じですよね(笑)

 

あとこんなのもあります。

中身がありません。旅の本誌も遂げられず、痛々しい空っぽの女がドヤ顔で自慢しているだけの本。

これ書いた人はかなりの中身の持ち主なんだろうなぁと思います(笑)


私にはこの本を読んで「中身がない」とは全然思えなかったし、「自慢しているだけの本」などとは微塵も感じられませんでした。

 

もともと、アマゾンのレビューなんて参考にしていませんでしたが、はあちゅうさんの本に関しては全く参考になりません。

 

 

で、話を元に戻すと、先ほど言ったとおり、この本は学生時代のはあちゅうさんがスポンサーをつけてタダで世界一周をした話です。

 

まず、注目すべきところは、はあちゅうさんが「世界一周をしよう」と思って?、それを実行に移すところです。ふつうの人間なら世界一周をしたくても「お金がないなぁ」とか「時間がないなぁ」とか何かと理由をつけてやめてしまうところです。

 

しかしそれをしないのが彼女なんです。この意志力に脱帽です。

 

それから世界一周をするためにスポンサーをつけようという発想と企画力もすごいと思います。世界一周をするための企画を企業に売り込みに行ったわけですからそれだけで尊敬に値します。

 

そして実際に世界一周をしてしまうところ。いろんなところに行くわけですからハプニングが起こることは必至。でも数々のハプニングや困難を乗り越えていきます。


とても中身の濃い世界一周だったんだろうなぁ。

 

この本を読んだら、はあちゅう」という人間を尊敬せざるを得ない状態になりました。


この人は中身のたっぷりつまった濃い人です。いろんな経験をしているから書いてある文章にもその経験がにじみ出てくるんだなぁと思いました。

 

はあちゅうさんの、やると決めたらやる行動力、どうやったら自分のやりたいことができるようになるか考える力など、私も見習わなきゃいけません。

 

私よりはるかに年下のはあちゅうさんですが、はあちゅうさんの生き方をお手本にしていこうと思います。

 

この本はオススメです!