読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっちー日記3 40代の楽しい生き方

目標は誰よりも楽しく生きること!

2016-03-03 PDCAサイクルを回して圧倒的な成果を上げる(№232)

先日の鮒谷周史さんのメルマガ「平成進化論(4553号)」に

長期間、超高速で

PDCAサイクル(plan-do-check-act)

 ※Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)
  の4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。(ウィキペディアより)

を回すことによってのみ、

 「圧倒的な成果を上げ続けるシステム」

は生まれます。

 とありました。

 

PDCAサイクルについてはこのブログにも何回か登場します。たとえばこんなブログを以前書きました。

motoshidaa.hatenadiary.jp


このサイクルが大切なのは、常に実行と改善があるところです。


Plan(計画)だけでは何も始まりません。1番大切なのはDo(実行)です。


でも闇雲に実行しただけではダメなのでCheck(評価)とAction(改善)が必要になっていきます。


これが仕事の基本です。


そして鮒谷さんはこのサイクル回すことによってのみ、「圧倒的な成果を上げ続けるシステム」が生まれると言っています。


PDCAサイクルは基本でありながらも最も重要というわけですね。


確かに自分で仕事を続けていると、自分なりに「ここはいいな」とか「ここは変えていこう」などというように知恵がついていきます。


そして自分なりのノウハウができあがっていきます。「実行して工夫を重ねていくこと」でまさに「圧倒的な成果を上げ続けるシステム」ができあがっていくのです。


それならば、自らの意思でPDCAサイクルを早く回していけば、ノウハウが高速で構築されていくことは間違いありません。


恐るべしPDCAサイクル


この基本でありながらも最も重要なPDCAサイクルを、仕事をするうえでもブログを書くにしても、しっかりと回していこうと思います。