読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっちー日記3 40代の楽しい生き方

目標は誰よりも楽しく生きること!

2017-04-13 「プリズン・ブレイク」シーズン5が始まったが、マイケルが生きていたのか?【ネタバレあり】

兄弟が死刑を宣告されたらどうします?

しかも無実の罪で。

 

やっぱり、兄弟を助けるために刑務所に入って、一緒に脱獄しちゃう?

 

・・・なんて、発想ありませんよね。でも、そんなことしちゃったのが、「プリズン・ブレイク」のマイケルなんです。

 

副大統領の弟を殺害した罪で死刑を宣告されたリンカーンバロウズ

 

彼を助けるために弟のマイケル・スコフィールドが刑務所に潜入し、兄を脱獄させるというのが、「プリズン・ブレイク」の始まりでした。

 

毎回、ハラハラドキドキの展開で、最後はマイケルが死んでしまったところで終わり、淋しい終わり方だったなぁという記憶です。

 

あれから、7年。なんと、「プリズン・ブレイク」が帰ってきました。

tv.foxjapan.com

 

さっそく第1話を視聴してみました。

 

詳しい内容は省略しますが、登場するメンバーが懐かしいです。

 

まずは、兄リンカーン。マイケルとの兄弟愛は固いので、これは必須の登場人物です。

 

そして、マイケルと愛し合ったサラ。彼女は別の男と結婚していました。

 

脱獄仲間では、ティーバッグ。彼はどちらかというとトラブルメーカーなので、おそらくこのシーズンもストーリーをかき回すんじゃないですかね。

 

次にシーノート。このシーズンでは、リンカーンに協力的です。

 

スクレもちょっと出てきました。なにしろマイケルの親友ですからね。これからどう絡んでいくんだろう。

 

さて、肝心のマイケルは・・・

 

第1話では最後に登場してきました。なんと生きていたのです。

 

しかし、リンカーンと対面したのに、リンカーンのことなど知らないと言います。実は別人なんでしょうか?

 

って感じで1話が終了。

 

 

死んで物語が終わったのに、実は生きていたなんて、ちょっと反則のような気がしますけど、まあいいか。

 

とにかく続きが気になります。

 

そういえば、マイケル役のウェントワース・ミラー。あいかわらずかっこよかったです。

 

直近ではバイオハザード6に出演していて、まだまだ健在だなぁと思っていましたが、ここに来て「プリズン・ブレイク」で復活かい!!!

 

驚きました。

 

ちなみにウェントワース・ミラーは44歳だそうで。けっこう歳がちかいじゃん。全然40代に見えませんよー。

 

うらやましいなぁ。

 

まあ、余談は置いといて、「プリズン・ブレイク」が復活して、また楽しみが増えました。

 

視聴方法はいろいろあると思いますが、私はHuluで見ています。

Watch プリズン・ブレイク (FOXチャンネル) Season 05 Episode 01 | Hulu

 

2週間は無料なので、ちょっと試してみるのもいいかもしれません。

(私はHuluのまわしものではありませんので、よろしく)

 

 

2017-04-12 素材の味にこだわる「雪ノ下 銀座」のパンケーキは、ぜひ食べるべきだ

f:id:motoshidaa:20170413125453j:image

超久しぶりに、雪ノ下銀座。

 

看板を撮影したのですが、「雪ノ下」の「雪」が照明の反射で隠れてしまいました(汗)

 

お店は、有楽町の駅から歩いて、銀座一丁目のほうに向かって10分ほど。トマトビルという建物の3階です。

 

夏のお昼頃に行くと、階段の1階まで列ができるくらい人気のお店ですが、夜の20時くらいだったので、すぐにお店に入ることができました。

 

カウンター席とテラス席があるのですが、カウンターは満席でテラス席へ。

 

久しぶりに顔を出したにも関わらず、店長さんは私のことを忘れずにいてくれてよかったです。

 

 

f:id:motoshidaa:20170413130118j:image

雪ノ下のパンケーキは厚さが4cmくらいあり、それをじっくり焼くので、20分ほどかかります。

 

そして、生地は素材の味がわかるように変な甘さがありません。食べたときのふんわり感も、好きなところです。

 

 

f:id:motoshidaa:20170413130130j:imageこちらはメニューの素材の説明。

 

生地に使うタマゴや水や牛乳の全てにこだわりがあります。 

 

 

f:id:motoshidaa:20170413130156j:image

そして、今回注文したのがこちら「長野産林檎コンポート 自家製キャラメルクリーム」。

 

 

f:id:motoshidaa:20170413130205j:image

そして、飲み物はコーヒーを「グアテマラ」で。

 

実はコーヒーのことはよくわかりません。もう少し勉強しなきゃ。

 

 

f:id:motoshidaa:20170413130215j:image

待っている間に、新作のかき氷「不知火」をいただきました。

 

ふわふわのかき氷。おいしかった!

 

「不知火」というのは「デコポン」と同じ品種だそうです。

 

当たり前ですが、お祭りで売ってるようなかき氷とは全く異なる味です。食べてみて、

 

これが本物のかき氷の味なんだなぁ

 

と言いたくなります。

 

じっくりと味あわせていただきました。店長さんありがとうございます!

 

20分くらいして、コーヒーが運ばれてきました。しっかりと、パンケーキに合わせて飲み物が出てくるところもいいところですね。

 

 

f:id:motoshidaa:20170413130227j:image

すごくおいしそうです。もちろん本当においしかった。

 

今回は何も入れずに、ブラックで、コーヒーの味を純粋に味わってみました。

 

 

f:id:motoshidaa:20170413130246j:image

そしてパンケーキ登場!!!

 

林檎の重みでパンケーキが少しつぶれるほど、林檎が大きいです。

 

 

f:id:motoshidaa:20170413130255j:image

さっそく林檎から、ガブッと。

 

この味、この食感。なんとも言えないほどです。

 

おいしさを言葉で表現するのって難しいものですね。

 

林檎そのもののあまみをとても感じます。そしてやわらかい。

こりゃあ、すごい。

 

 

f:id:motoshidaa:20170413130312j:image

生地はふわふわ。余計な味はついていません。

 

すごく味わって食べてしまいました。

 

 

f:id:motoshidaa:20170413130320j:image

クリームもしっかりつけてむしゃむしゃ。

 

妙なあまさもなく、ほんのりとした感じです。だから、飽きないんでしょうね。

 

派手な甘さや、缶詰に入ったフルーツの味が好きな人にとっては物足りない味に感じるかもしれませんが、素材の味そのものを感じたい人には、雪ノ下がおすすめです。

 

生地も、トッピングのフルーツも、クリームも、すべてにこだわりを感じます。

 

だから何度も、ここには足を運びたくなるんでしょうね。

 

今回も、とても味わってしまいました。また近々うかがおうと思います。

 

 

ちなみに来週は、店長さんが銀座三越にいるそうなので、興味ある方はこちらにどうぞ!

www.miguide.jp

 

私は、仕事の都合でなかなかいけないかなぁ・・・。

残念(泣) 

 

2017-04-11 映画「SING」は歌だけでも聴きに行く価値がある

最近、映画を観る回数が増えたみっちーです。

 

もともと映画は好きな方だったのですが、最近は休みのたびに、あるいは仕事の帰りにと、頻度も高めです。

 

今回観に行ったのは、話題の映画「SING」。最新の興行成績で三週連続1位となっています。「モアナと伝説の海」や、上映のはじまった「ゴースト・イン・ザ・シェル」を抑えての1位ですからすごいですね。

 

 

映画comの評価・レビューの平均は3.8。悪くないですねぇ。

 

いつものように、映画comの解説より、映画の内容を引用します。

コアラのバスターが劇場支配人を務める劇場は、かつての栄光は過去のものとなり、取り壊し寸前の状況にあった。バスターは劇場の再起を賭け、世界最高の歌のオーディションの開催を企画する。極度のアガリ症のゾウ、ギャングの世界から足を洗い歌手を夢見るゴリラ、我が道を貫くパンクロックなハリネズミなどなど、個性的なメンバーが人生を変えるチャンスをつかむため、5つの候補枠をめぐってオーディションに参加する。

(「SING シング : 作品情報 - 映画.com」解説より)

 

内容としては、コアラのバスターという劇場支配人が、どん底まで落ち、そこから這い上がっていくって感じのものです。

(劇場の存続が危うし、って感じのもの)

 

バスターは劇場復活のために、歌のオーディションを開きます。そのオーディションを受けに来た動物たちにもまた、それぞれドラマがあり、そこがおもしろい要因です。

 

映画の見どころは、なんと言っても音楽!数え切れないくらいたくさんの名曲が登場します。その歌を聴くだけでも価値ありです。

 

ちなみに、私が観たのは字幕版なんですが、ヤマアラシのラッシュ役がスカーレット・ヨハンソンでした。その歌がとても上手くてびっくり!

 

もちろん、彼女だけでなくみんな上手いのは言うまでもありません。

 

次に、動物たちです。

 

アニメならではかわいらしさ、愛らしさがあります。いや、アニメだからこそ、このかわいさが表現できるんだろうなぁと思います。

 

日本のアニメもいいですが、最近は海外のアニメもいいなぁと思ってきました。

 

あとは、バスターの前向きさかな。ふつうだったら許されないことばかりやりながら、劇場の復活に向けて準備していきます。

 

しかし、そこからは何が何でも復活するんだという意志が見られました。この前向きさは見習わなきゃいけません。

 

もし、自分にやりたいことがあったら、いったい何ができるだろうかと考え、できることは全部やってやろう!

 

いつでもその姿勢でいたいものです。

 

 

正直、映画のストーリー自体は、ありふれた感がするのは否めないのですが、それを上回る歌のよさ、動物たちのかわいらしさがあります。

 

とても楽しめました!

 

続編があるようなので楽しみにしておきます。

 

 

おすすめ度

☆☆☆☆★(星4つ)

 

2017-04-10 一度行ってみよう! コレド室町にある牛かつ屋さん「もと村」へ!

TOHOシネマズが入っているコレド室町

 

映画は19:10からなので、その前に腹ごしらえ。ラーメンにしようかなぁって思っていたのですが、ここが空いていたので、行ってみることにしました。

 

以前から入ろうと思っていた「牛かつ もと村」。実は、私は牛かつなるものを食べたことがありませんでした。

 

おいしそうな店を見つけたら入らなきゃ!

やっぱりおいしいものを食べると幸せになりますからねぇー

 

 

 

f:id:motoshidaa:20170410214150j:image

なんか高級そうで、ここも躊躇しましたが、勇気をふりしぼって入りました。

いや、勇気は全然いりませんでした(笑)

 

 

retty.me

 

レビューRettyのレビューを見ると、「行列の絶えない超有名店」だそうです。なぜかコレド室町店は空いているようです。

 

たくさんおいしいお店が入っているからかなぁ。

 

とりあえず、お店に入ってみました。まず入り口で料金を支払います。ここは前払い制です。

 

 

f:id:motoshidaa:20170410214212j:image

カウンター席に案内されました。落ち着いた感じです。

 

 

f:id:motoshidaa:20170410214228j:image

席の前に小さい鉄板が用意されています。牛かつの焼き加減はレアなので、この上に乗っけて少し焼いてくださいとのこと。

 

店員さんが、さっそく火をつけてくれました。

 

待つこと5分くらい、もう出てきました! 

f:id:motoshidaa:20170410214245j:image

牛かつ麦飯とろろセットです。

 

いやいや、これはおいしそう。あらためてこうやって見ていると、またお腹が空きます。

 

 

f:id:motoshidaa:20170410214302j:image

まずはとろろをかけて、臨戦態勢に!

 

はい準備おっけー

 

 

f:id:motoshidaa:20170410214316j:image

ミニ鉄板に牛カツを置いてみました。

 

ひっくり返して、反対側も焼くことを忘れちゃいけません。

 

 

f:id:motoshidaa:20170410214330j:image

タレは2種類。 

 

私は、左側の醤油にわざびを混ぜて食べるのが好きです。

 

 

f:id:motoshidaa:20170410214341j:image

こんな感じね!

 

 

f:id:motoshidaa:20170410214353j:image

あと、岩塩をふりかけるのも、イケた! 

 

f:id:motoshidaa:20170410214403j:image

やっぱり、お肉とお塩は相性がいいみたいです。

 

もっと食べたかったんだけど、おなかいっぱいになっちゃった!

 

このお店はヒットだなぁ(^^)

 

 

オススメ度

☆☆☆☆★(星4つ) 

 

 

今日はファーストフードに行ったのですが、そこのコーヒーがまずかったので、リベンジ。

 

f:id:motoshidaa:20170410214421j:image

おいしそう!

空いててラッキー!

 

 

f:id:motoshidaa:20170410214435j:image

ブレンドコーヒーです。 

 

これはおいしかった!

来て、よかった!

 

 

さて、本日は、初めてのお店に入ってみました。初めていくところって勝手がわからなくて緊張するけれど、ワクワクもしますね。

 

私は保守的だから、決まったお店ばかり行きます。

 

でも、今まで行ったことのないお店に行くと、新しい味を知ることができます。自分の世界がひとつ広がるのです。

 

行ったことのないお店に行ったり、読んだことのない本を読んだり、そういうことって必要ですよね。

 

些細なことですが、こうやって少しずつ、自分の世界を広げていきたいなぁと思いました。

 

 

 

 

2017-04-09 みっちーはどんな人間なんでしょうか?

どんな人間でもいいだろー(怒)

 

といきなり逆ギレ(笑)

冗談です(^^)

 

でも、いますよね、すぐにキレる人。うちの家族もけっこうキレやすいです。

 

特に母親。先日のブログで紹介したとおりです。

兄は母親そっくりで、理不尽なところがあります。

 

父は、どちらかというと、子どもっぽいキレ方です。どうやら自分が一番じゃないと気がすまないみたい(笑)

 

そして、私は、そういう家族のいやな面を見ながら、

「人の振り見て我が振り直せ」の精神で

なるべくそういう人間にならないように心がけています。

 

だから、どちらかと言うと私は「キレにくい」です(笑)

 

そして、私が、現在の職場でけっこう言われるのが、

やさしい

おだやか

賢い

天才

かっこいい

 

下の3つは嘘です(笑)

賢いとか天才はもちろんのこと、かっこいいなどと言われたことはありません。

 

でも、「やさしい」はけっこう言われます。

 

実は、前職の頃は、「やさしい」より「あまい」と言われていました。

どっちも似たようなものですけどね。

 

「厳しさ」が求められる職場では、私のこの性格が「やさしい」ではなく「あまい」になってしまうようです。

 

なんとも難しいものですねぇ。

 

だから、昔は「やさしい」と言われるのがとてもいやでした。

なんだか「あまい」って言われている感じがするので。

 

でも、最近は慣れてきて、それが褒め言葉のように思えてきました。

いや、実際ほめてもらっているのだと思います。

 

ところで、こんなことを書いてきましたが、私は常日頃から

やさしい人でありたい

と思っています。

 

それは「あり方」が非常に重要だと思っているからです。

そして、常日頃から「自分のあり方」は意識すべきことだと考えています。

 

「自分のあり方」を問い、それに向かって自分を変えていくことが自分を成長させていくことにつながります。

 

たまに、

やさしいだけ

とか

やさしすぎる

って言われちゃいますけど、それは反省します。

 

自分はどんな人間でいるべき

 

まずは、そこから考えて、次にそこに向かって努力していくのがいいんじゃないかなぁ、

 

そう思います。

 

胸を張って

私は優しい人間です

と言えるよう、努力していきます!

 

 

2017-04-08 上野公園の桜を見て、心がおなかいっぱいになりました

やってきました、上野!

 

この日は4月7日で、家を出た頃は曇り空でした。上野に着いてからも天気はよくなくて、空を見上げると一面雲。

 

f:id:motoshidaa:20170408234826j:image

グレーな空・・・。

 

 

f:id:motoshidaa:20170408234842j:image

とりあえず、桜並木方面という矢印の方に向かって行ってみることにしました。

 

みんなの行く方向に歩いていくと・・・

 

いたいた!

 

 

f:id:motoshidaa:20170408234905j:image

なにやら楽しそうじゃありませんか!

 

天気も悪いというのに、シートを敷いてお花見してますよー。いいねぇー( *˙꒳˙* )

 

 

f:id:motoshidaa:20170408234933j:image

さて、こちらがお花見のルール。

 

「さくらさく」がルールです。 

さくらをみんなで大切にしよう

くつろぐ中にも礼儀あり

らいえんしたら火気厳禁

さいごには後片付けとごみ持ち帰り

くらくなる夜8時には宴会終了

だそうです。

 

みんなが楽しくお花見できるようにルールは守らなきゃね。

なかにはいますよね、平気で他人に迷惑をかける人が・・・

そういう人にはならないように気をつけましょう。

 

まあ、一人で来ている私には宴会をやるすべもありませんが(泣)

 

 

しばらくすると、雨が降ってきてしまいました。

空がちょっと明るめなので、すぐやむだろうと思い、フードをかぶってしのぐことに。

(傘を持ってなかったので)

 

f:id:motoshidaa:20170408234946j:image

自撮りしたものの、顔があまりにも変だったので、モザイクをキツめにかけてみました(笑)

 

案の定、雨もすぐやんだので、歩いてみることに。

 

 

f:id:motoshidaa:20170408235011j:image

おー、きれいだなぁ

 

 

f:id:motoshidaa:20170408235025j:image

しだれているのもあった!

 

しばらく歩いていくと、池が見えてきました。

 

 

f:id:motoshidaa:20170408235057j:image

池のほうにも桜がいっぱい!

 

行かなきゃー

 

 

f:id:motoshidaa:20170408235123j:image

池の真ん中の道には人がたくさんいました。桜を見る人で溢れかえっています。

 

そうしたら、だんだん空が明るくなってきました。ビバ太陽!!

 

ラッキー、桜がきれいに見えるぞー

 

 

f:id:motoshidaa:20170408235525j:image

見上げてみると、お日さまにあたって桜が光っていました。

 

 

f:id:motoshidaa:20170408235549j:image

近寄って撮ってみると、やっぱりきれいです。

 

桜ってやっぱり癒やされますねぇ。

 

 

f:id:motoshidaa:20170408235610j:image

水面には早くも花びらが散っていました。

 

ちょっと前に咲き始めたのに、もうすぐ散ってしまうんですね・・・。

 

ホント、桜って儚いね・・・

 

 

f:id:motoshidaa:20170408235623j:image

池をぐるーっと回ってみると、「釣り禁止」の看板の上で、鳥がずっと鳴いていました。こいつは何を訴えたいんだろうなぁ、と思いながら見ていました。

 

たくさん桜を見ることができてよかったです。

 

f:id:motoshidaa:20170408235633j:image

700本もの桜がある上野公園。

 

とてもきれいでした。

 

 

f:id:motoshidaa:20170408235645j:image

上野の桜は、はじめて見ましたが、もう大満足です。

 

そもそも、前職の塾の先生時代は、お花見などしたことがありませんでした。

お花見より仕事ばかりだったと思います。

 

この時期は、ちょうど春期講習中であり、桜を見る余裕などなかったのです。

また、新学期で生徒募集の大詰めの時期でもありました。

 

数年前の私と今の私とでは、全くちがう人みたいだなぁ。

今は心に余裕がたっぷりあります。今は幸せだな!

 

やっぱり桜を鑑賞する余裕くらい、持ちたいものですよね。働いてばかりじゃダメダメ。

 

上野公園に来てよかった!

桜よ、また来年も会おうね!

 

2017-04-07 アカデミー賞受賞作品「ムーンライト」を鑑賞してきました

f:id:motoshidaa:20170408083345j:image

ラ・ラ・ランド」を抑えてのアカデミー賞受賞というこの作品。

 

どんな作品なんだろうと気になっていました。

 

映画comの評価レビューの平均は3.5とあまり高くありません。あまり一般ウケしないような内容なのかもしれません。

 

内容は以下の通り

マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンは、学校では「チビ」と呼ばれていじめられ、家庭では麻薬常習者の母親ポーラから育児放棄されていた。そんなシャロンに優しく接してくれるのは、近所に住む麻薬ディーラーのフアン夫妻と、唯一の男友達であるケヴィンだけ。やがてシャロンは、ケヴィンに対して友情以上の思いを抱くようになるが、自分が暮らすコミュニティではこの感情が決して受け入れてもらえないことに気づき、誰にも思いを打ち明けられずにいた。そんな中、ある事件が起こり……。

 (「ムーンライト : 作品情報 - 映画.com」より引用)

 

 主人公のシャロンは、母親からきちんと育ててもらえないうえに、学校内でもいじめにあっています。

 

家庭内もボロボロ、学校行ってもボロボロ、いいことがあまりありません。

 

さらに、成長していく過程で、シャロンは自分が同性愛者であることに気づき、悩みます。

 

黒人社会の中にあっては同性愛者はマイノリティのようです。

 

イジメにあっているうえに、人に言えない悩みを抱えているわけです。

 

そんな内容なので、はっきり言って、全体的に暗い作品です。

 

この作品が評価されている理由は、そういった部分がうまく描かれているからでしょう。

 

 

が、私の個人的な感想としては、あまりおもしろいとは言えない作品でした。

 

どちらかというと、登場人物の気持ちを、見る者に想像させるような感じでした。それだけにわかりづらい部分が多かったです。

 

また、アメリカの黒人社会について、私が全く理解していないというのもあるのでしょう。

 

ちょっと私にはレベルの高い映画でした。

 

こういう作品でも深く味わえるような知性や教養を持ちたいです。

 

満足度

☆☆★★★(星2つ)