読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みっちー日記3 40代独身の楽しい人生

毎日の楽しい日記、まあ、雑記です。

2017-03-28 映画「パッセンジャー」のオーロラに「You die, i die」って言われたい

映画「パッセンジャー」を鑑賞してきました。

 

私のお気に入りの俳優さん、クリス・プラットと、美人さんのジェニファー・ローレンスが出演するということで、何ヶ月も前から見ようと決めていた映画でした。

 

トーリーは、予告を見ていれば大筋はわかってしまうような単純なものです。

 

この映画の評価を、いつものように映画comで確認すると

eiga.com

 

レビュー・評価の平均は3.5でした。

 

正直、そんなに評価は高くなく、また、悪評も目立ちます。まあ、見方を変えると、ジムはキモイやつだともいえますからね。

 

まあ、映画なんですから、有り得ないストーリー、有り得ない行動もありだろうと思います。

 

まあ、とりあえず、あらすじを映画comから引用。

20XX年、乗客5000人を乗せた豪華宇宙船アヴァロン号が、新たなる居住地を目指して地球を旅立ち、目的地の惑星に到着するまでの120年の間、乗客たちは冬眠装置で眠り続けていた。しかし、エンジニアのジムと作家のオーロラだけが予定よりも90年近く早く目覚めてしまう。絶望的で孤独な状況下で生き残る方法を模索するうちに、2人は惹かれ合っていくのだが……。

 

簡単に言うと、地球から他の惑星に移住するのに、みんな冬眠していたのだが、2人だけ早く目覚めてしまうという内容。

 

90年も早く目覚めると、移住地に着く頃には死んでしまいますからね。これは慌てる。

 

しかも、誰も助けてはくれない状況・・・

 

 

まず、ジム(クリス・プラット)が機械の故障で目覚め、続いてオーロラ(ジェニファー・ローレンス)が目覚めます。

 

オーロラが目覚めるまでは、ジムはひとりぼっちでした。

 

前半の山場は、ジムがひとりぼっちに、だんだん耐えられなくなってしまうところです。

 

ジムの話し相手は、アンドロイドのバーテンだけ。

 

人間が誰一人いない、本当にひとりぼっちな状態、

 

私は、そんな孤独を、生まれてから今まで一度も味わったことがありません。

 

私だったら、どのくらい追い込まれてしまんでしょうか。想像もできませんし、想像もしたくありません。

 

ジムもひどい有様でした。

 

 

続いての見どころは、オーロラが目覚めて、2人が恋に落ちるところです。

 

この2人、本当に絵になる2人です。

 

こんな激しい恋愛してみたい!

 

だれかーーーーーー!!!

(心の叫び)

 

 

ところが、あることが理由で、オーロラはジムを殺したいくらい憎むようになります。

(内容が知りたい方は映画を見てください)

 

が、結局、2人はまた愛し合います。

 

そしてクライマックスへ。

(内容をかなりはしょってすみません)

 

宇宙船がこわれそうなので、ジムが危険を冒して、直しにいきます。そのときに、オーロラが

 

You die, i die

(あなたが死んだら、私も死ぬ)

 

と言います。

(コマーシャルでも流れているのかな?)

 

 

これ、すげーセリフ。

 

一生のうちで言われることあるのかな?

 

言われて見たいものです。

 

このくらい愛されたい。

 

いいなぁ

 

 

このSFラブストーリー、

トーリーはそれほどすごいわけではありません。

 

ただただ、かっこいいクリス・プラットときれいジェニファー・ローレンスがよかった。

 

ふたりの愛しあう様子がよかった。

 

それにつきます。

 

ほかは、もう、どうでもいいです。

(言い過ぎかな?)

 

 

もう、こんな歳ではあるけど、こういうラブストーリー見ていて、また恋愛をしたくなりました。

 

うーん、恋したい(笑)

 

 

ということで、最後にこの映画の満足度

 

満足度

☆☆☆☆★(星4つ)

 

2017-03-27 東京駅にグランドオープンした「にっぽん、グルメ街道」の「黒かつ亭」に行ってきた

東京駅の「にっぽん、グルメ街道」というのが、3月25日にグランドオープンと聞きサイトをチェック

 

www.tokyoeki-1bangai.co.jp

 

これ見たら、もう行くしかないでしょ!

おいしそうなお店ばかりじゃん。

 

HPによると

北は北海道から南は九州までの全国各地から、郷土色豊かで、かつ地元での知名度も高い名店を集めました

とのことで、どうやら地元で有名なお店を集めたようです。

 

期待が高まりますねぇ。

 

今回はとんかつが食べたくて、ここに行ってみました。

f:id:motoshidaa:20170328114218j:image

黒かつ亭

 

鹿児島では有名なお店だそうです。

kurokatutei.net

 

少し行列ができてたんですが、数十分待ってなんとか入りました。

 

メニューにお店の説明があるので、読んでみたら、期待がますます高まった!

f:id:motoshidaa:20170328114239j:image

鹿児島ブランドの黒豚のかつを食べられるんですねぇ!

 

楽しみ(^^)

 

 

f:id:motoshidaa:20170328114228j:image

こちらが、黒かつ亭のこだわり!

 

すごいですねぇ

 

 

f:id:motoshidaa:20170328114441j:image

ということでロースカツ定食を。

 

ごはんは大盛り自由、きゃべつはおかわり自由です。定食にはデフォルトで豚汁がつきます。

 

タレは3種類。左から「特製黒ソース」、「塩」、「大根おろしとぽん酢」。

 

ところが、大根おろしがついてないというハプニング(笑)

 

あやうく騙されるところだった。

 

しっかりしてよ店員さん!!!

 

 

f:id:motoshidaa:20170328114536j:image

こちらは、焼酎。

 

飲み物も、ずーっと出てこなくて、まだオープンしたてのため、スタッフも混乱していたようです。

 

まあ、それはしょうがないですね。

 

とりあえず、 とんかつは肉厚で、すごくおいしかった。

それは満足。

 

が、注文した焼酎も来ないし、定食もずーっと待たされたままだったし、不満だらけ。

 

おかげで、肝心のお食事の写真をほとんど撮りませんでした。

 

機会をあらためて、またゆっくり食べに来ようと思います。

 

このお店、店員さん以外はよかったです(笑)

 

ということで、

 

接客の満足度

☆★★★★(星1つ)

味の満足度

☆☆☆☆★(星4つ)

※たぶん、気分の問題で味の満足度も影響を受けています。

2017-03-26 未来のみっちー

未来のみっちーは幸せです。

 

趣味といえば

 

●海外ドラマを視聴する

●映画鑑賞

●マンガを読む

●読書

●芸術鑑賞

●観劇

●パンケーキを食べに行く

●ラーメンを食べに行く

●おいしい居酒屋に行く

 

等々あるが、それは将来も相変わらず続けています。歳を重ねるごとに、もっと楽しむようになっていきます。

 

 

交友関係も充実しています。

 

つきあっている女性といろんなデートスポットに行って楽しんでいます。

 

●その時の話題のスポット

●水族館

●お花見

●各種フェス

●コンサート

●お食事

 

等々で、きっと女の子を楽しませているにちがいありません。

 

収入に関しても、今の何倍も得ています。億万長者というわけではないですが、ほしいものは苦労せず買えるくらい稼いでいます。

 

そして、稼いだ金で、しょっちゅう旅行をして、各地で楽しんでいます。

 

 

今書いているブログも、もっとたくさんの人に読まれています。

 

カリスマブロガーとまではいかないまでも、みっちーにはたくさんの読者ができます。

 

みっちー日記は毎日大勢の人に読まれ、みんなに共感されます。

 

すごいぞ、みっちー!!!

 

 

・・・サウイフミッチーニワタシハナリタイ

 

 

2017-03-25 人に迷惑をかけている意識のない愚か者たち

昨日、「モアナと伝説の海」を観ていました。

 

すごくいい映画で、作品自体はとてもよかったです。ところが、その作品を台無しにするやつがいたのです。

 

まずは、となりのやつ。

 

作品上映中のほとんど、いびきをかいて寝ていました。

 

しょっぱなからいびきかいてたからびっくり。

 

おまえ、なんでここに来た?

 

って言いたくなりました。

 

「モアナと伝説の海」は、まだ上演して間がないので、客席もけっこううまっていました。私の座っている列も、空いてるところはありませんでした。

 

そのぎゅうぎゅうづめの、客席の私の隣の席で、こいつはいびきをかいて寝ていたのです。

 

ありえない人ですよね。迷惑防止条例で捕まっちゃえばいいのに、って思います。

 

こいつのせいで、かなり気が散りました。

 

 

つぎに迷惑だったのが、

 

上映中にスマホの画面を見るやつです。

 

いい場面で、前方の客席が突然光りました。

 

一瞬、何が光ったのかわかりませんでした。しかし、0.5秒後には悟りました。

 

明るく光ったのはスマホの画面だったのです。

 

なぜ見る?スマホの画面を?

 

真っ暗な客席が突然光ったら気が散ることくらいわからないのか?

このバカ野郎は。

 

映画の上映中にスマホを見るやつは、この世から消えてほしいです。

 

 

もうひとつ、最悪だったことがありました。

 

上映中に何度も電話がかかってきたらしく、電話をするために劇場から出る人がいました。

 

なかには、しかたないこともあるでしょう。

 

しかし、その人は、3~4回くらい電話をしに劇場から出ていったのです。

 

何度も何度もスクリーンの前を横切って。

 

気が散るったらありゃしない。

 

そんなに電話をするなら、映画館に来るなよ!

もしくは電源切っとけ!

 

 

以上の3名が、迷惑をかけた人です。

 

もうマナーっていうか、なんていうか、迷惑かけてる意識ってないんですかね?

 

こういう愚か者たちは、きっと職場や学校やその他いろいろなところで迷惑をかけて生きているんでしょうね。

 

おまえたち、少しはまわりの迷惑も考えろよ、って言いたくなりました。

 

☆☆☆

 

ところで、上記のようなやつは迷惑をかけていることに気づいていないんだろうと思います。

 

無神経なやつらですからね。

 

でも、私だって、気づかないうちに迷惑をかけている可能性があります。

 

いや、誰だって、迷惑のひとつやふたつはかけていることでしょう。お互い迷惑をかけあって生きているのが人間ですから。

 

ただ、かけなくてもいい迷惑だってあります。

 

ただ単に自分のエゴを満たすだけの行動は、非常に迷惑です。

 

一度、振り返って、自分のその行動が迷惑ではないのか、誰もが振り返るべきなんでしょうね。

 

 

さて、先日「もーとしだぁ.com」のほうのブログも更新したので、ぜひ読んでみてください。

www.motoshidaa.com

 

2017-03-24 「モアナと伝説の海」を観て、ディズニーアニメはハズレがないなぁと思った

いい映画だったぁーーー!

www.disney.co.jp

 

モアナと伝説の海

 

映画comの評価・レビューの平均も4.0と、なかなかの高得点です。

 

トーリーは、ホームページにこのように書いてありますので、ご参考までに。

 海に選ばれた16才の少女モアナ──海が大好きな彼女は、島の外に出ることを禁じられながらも、幼い頃に海と“ある出会い”をしたことで、愛する人々を救うべく運命づけられる。それは、命の女神テ・フィティの盗まれた“心”を取り戻し、世界を闇から守ること。神秘の大海原へ飛び出した彼女は、伝説の英雄マウイと出会い、世界を救う冒険に挑む。立ちはだかる困難に悩み傷つきながらも、自分の進むべき道を見つけていくモアナだったが…。

作品情報|モアナと伝説の海|映画|ディズニー

 

 

この映画のよかったところと言われれば、たくさんあります。

 

でも、やっぱり一番は歌かなぁ。

 

わたしが観たのは日本語吹き替えバージョンで、正直、歌はあまり期待していませんでした。でも、よかった。

空と海が出会うところは どれほど遠いの

追い風うけ こぎ出してきっと

わたしは いくのよ

(主題歌「どこまでも ~How far I'll go~」のサビの部分)

 

このメロディーがとても心に残ります。同じ歌が何度も出てくるので、余計に心に響いたのかもしれません。

 

主題歌だけでなく、他にも歌が出て来る場面は何回かあって、とてもよかったです。

 

 

あとは、主人公モアナはもちろんよかったんですが、いい味出していたのはマウイだね。

 

特に、マウイの入れ墨が動くという設定が超よかった。

 

マウイと、その入れ墨のやり取りがウケました。刺青の中の人がおもしろいんです。

 

もちろん、モアナとマウイの掛け合いも、観ていてあきませんでした。

 

 

それにしても、こういう設定ができるのは、アニメならではだと思います。ディズニーはアニメのよさを極限まで高めて、我々に提供してくれているんだなぁと感じます。

 

 

昨年の「ズートピア」もよかったんですが、今年の「モアナと伝説の海」も負けず劣らずいい作品でした。

 

ディズニーアニメ映画にはハズレがないんじゃないかと思ってしまうほどです。これからもディズニーのアニメには期待しています。

 

なお、余談ですが、今年上映されるディズニー映画、「美女と野獣」や「パイレーツ・オブ・カリビアン」もかなり楽しみです。

 

みなさんはどうでしょうか?

 

「モアナと伝説の海」満足度

☆☆☆☆☆(星5つ)

 

2017-03-23 映画「トリプルX 再起動」のザンダー・ケイジになりたい!

行ってきました、「トリプルX

www.xandercage.jp

 

主人公のザンダー・ケイジが超かっこよかった!

 

実はこの作品、そんなに評価は高いとは言えません。映画comのレビュー・評価の平均は3.5です。

eiga.com

 

が、そんなのはどうでもいい。

 

言いすぎかもしれないが、ストーリーだって、そんなに大したことはない。

 

最大の見どころであり、ほぼ、それを見ていればいいのが、アクションです。

 

殴り合ったり、武器でやりあったり、追いかけたり、と全てが派手。

 

そして強い。

 

やっぱり男は強くなければいけない。

 

オレも強くならなきゃ、と思いました。

 

いつもながら、強い男に憧れちゃいます。

 

 

ところで、この映画は主人公のザンダー・ケイジ役のビン・ディーゼルがよかったわけですが、他にも、注目すべき人が出ていました。

 

誰かというと、ジャン役のドニー・イェン

 

彼は、「ローグワン」で盲目のチアルート役で出演していました。

 

盲目だったせいでアクションも全開って感じではありませんでしたが、「トリプルX 再起動」では、もう暴れまくりです。

 

すごくかっこよかったなぁ。

 

ザンダー・ケイジとジャンの2人がすごくて、この映画は大満足でした。

 

 

やっぱり強い男はかっこいいです。強さは正義だ!

 

よし!強い男になろう!!!

 

がんばります!

 

この映画の満足度

☆☆☆☆★(星4つ)

 

 

 

 

2017-03-22 神対応でいこう!

神対応とは、ネットの辞書によれば、こんな意味です。

主に企業のクレーム対応などについて、驚き感心するほど行き届いた対応に対して用いられる表現。不具合製品の修理サービスに関する手際の良さや、配慮に満ちたサービスなどに関する最大級の好評価を表す語として用いられることが多い。

神対応とは - 日本語表現辞典 Weblio辞書

 

「驚き感心するほど行き届いた対応」神対応ってことです。

 

主にクレームなどに対する対応とのことですが、ネットの事例を見ると、もっと幅広い意味で使われています。

 

curazy.com

 

簡単に言っちゃえば、「すごい対応=神対応」ってことです。

 

で、私も、販売を仕事をしている者として、ふだんから神対応ができればいいなぁと思った次第です。

 

とはいえ、そんな対応はなかなかできないでしょうって言われそうです。もちろんその通り。「こいつは神だ!」なんて対応を、いつもできている人なんてそうそういません。

 

だからこそ、目指すべきものなのかなぁと思ったのです。

 

よって、お客様に接客するに際して、ふだんから心がけておくべきことはこんなことかな。

 

1 丁寧であること

 

「当然でしょ」って言われればそれまでです。しかし、毎日何十人も接客していると、毎回、最後まで丁寧にできているかは疑問です。

 

説明や動作はもちろんです。案内の仕方、品物の渡し方、他にもまだまだいろいろありそうですが、細部に渡って、「丁寧であること」を気をつけていきたいところです。

 

 

2 お客様本位であること

 

自分が売りたいものを売る、これが販売する者の本音です。そして目的です。だからどうしても自分本位な接客になってしまいます。

 

そんなとき、「お客様本位である」という気持ちで接するべきだということを思い出していきたいものです。

 

お客様の要望を聞き、問題点を探し、どうやったら解決できるのかを一緒に考えて、その結果、それにあった商品を渡す、というのが本来の流れです。

 

あくまでもお客様が主役だということを忘れないようにしていきたいものです。

 

 

3 サプライズを与える

 

やっぱり、「神対応」にはこれが必要。

 

「こんなことまでしてくれるの?」

「そんなのあり?」

「わー、まじ?」

 

などと言われるようになったら、神対応ですね。

 

実際、これが一番難しいことでしょう。

 

でも、知恵をしぼって、毎回お客様にサプライズを与えられるようにがんばりたいです。

 

 

☆☆☆

 

そんな簡単なことではないのはわかっています。

 

でも、自分の接客のスキルをあげるために、「神対応」を目標に掲げておきたいと思います。

 

よし!今日も、がんばるぞ!